2019/02/21
この時季、サシバが「くいー、くいー」と可愛い鳴き声をあげてリゾート周辺を旋回するのをよく見かけます。沖縄には繁殖のため越冬地から渡ってきます。鷹と同じ格好の良い姿で人気の鳥ですが、環境省から絶滅危惧種に指定されているそう。知らなかった~。サシバ見るなら、さんにんリゾートです。写真は日本自然保護協会さんからお借りしました。
2019/02/20
冬場によく見かけるハクセキレイ。刈ったばかりのサトウキビ畑でお食事中。「チチン、チチン」となくのが、またかわいい。方言名は「ずーみたみーたー」っていうそうで、なんだか妖怪っぽい?
2019/02/19
お問い合わせいただいていた皆さま、大変お待たせいたしました。さんにんリゾートはこの夏のご予約の受付を開始します。空室状況やおおよその宿泊料はネットでご確認ください。ご予約は、メール、ライン、お電話にて承ります。海でたっぷり遊んだ後、伊江島に沈む夕陽を見ながらビールを飲みにいらっしゃいませんか?
2019/02/18
菜園のローゼルと長命草の種をとりました。ローゼルの種は「これで発芽できるのかしら?」と心配になるくらい固い顎に覆われています。長命草はフェンネルのような花つきで、辺り一帯にこれでもかと種をまき散らしています。植物によって生き残り戦略が異なり、それぞれ知恵ありって感じです。
2019/02/17
さんにんリゾートは3棟定員9名の宿ですが、ネット予約をされる場合、9名3室と入力しても該当プランなしと返されてしまいます。予約サイト上では同じタイプの部屋が複数なければ複数の部屋は提供できないという仕組みになっています。さんにんリゾートの各棟はトリプル(定員3名)、ツイン(同2名)、和室(同4名)と定員数が異なるので、予約サイト上ではそれぞれ別プランとして認識されます。大人数で複数の棟をおさえたい場合、おおよそ頭の中にあるであろう部屋割りに従い宿泊人数を分けて検索する必要があります。ご不便おかけしますが、その点、ご注意ください。面倒くさいなとお感じのかたは、メールやお電話でも空室、価格情報、ご予約、承ります♪
2019/02/16
宿を作った人は自分ならこんな宿に泊まりたいという理想を形にした人が多いかと思います。...
2019/02/15
今年の杉、ヒノキ花粉の飛散が確認されました。例年の1.5倍だそう。東京にいた時はひどい花粉症に苦しんだ私ですが、沖縄に移住して本当に良かった!!沖縄では杉、ヒノキがほぼなく、開花に十分な気温差(これを休眠打破といいます)もないため、杉やヒノキ花粉が飛ばないのです。花粉症さんは今すぐ沖縄に逃げていらっしゃーい。さんにんリゾートでは長期滞在も受け付けています。
2019/02/14
今日はバレンタインデー。アロマ基材でチョコレートを思い起こす香りがするものは、カカオバターです。カカオの実を発酵、焙煎して抽出した脂肪分。抗酸化作用のあるポリフェノールがたっぷりで変質しにくく、皮膚の保護、軟化に優れています。シアバターと比べると固い質感なので、リップスティックや固めの軟膏を作りたい時に使います。柑橘系の精油との相性も良く、誰もを幸せにしてしまう香りです♡
2019/02/13
さんにんリゾートにお泊りのお客様には、沖縄本島最北端辺戸岬、大石林山へのドライブをお勧めします。大石林山の見どころは奇岩奇石の山ですが、日本最大級のがじゅまる=御願がじゅまるも見逃せませんよー。気根の一本一本が巨木と化していて、人工的な支えは一切ありません。幾度の戦禍や台風をくぐりぬけ、色々なものを見てきたんだろうなぁ。樹幹の中に立つと、この地が何者かによって守られていることが感じられます。がじゅまるにはキジムナーが住むと言われますが、もっと大きな神さまがいそう。御願がじゅまるは、映画「ゲゲゲの鬼太郎:千年呪い歌」にも登場しています。
2019/02/12
沖縄本島最北端辺戸岬の沖合には、与論島、伊是名島、伊平屋島が浮かんでいます。大石林山最大の見せ場=美ら海展望台からも、お天気が良い日は与論島がよく見えます。逆もまた然り。与論島からも安須社(あしむい)と呼ばれる四連の岩山が見えるはずです。見えたらそこまで行ってみたくなるのが人情。太古の昔、海を越えて新天地を目指した人々の目標となったであろう地が大石林山です。さんにんリゾートから海沿いの道を1時間半のところにあります。

さらに表示する